• HOME
  • 当院について
  • 施術メニュー
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 地図・アクセス
  • ご予約・お問い合わせ

頭痛

慢性の頭痛でつらい思いをしているあなたへ 鍼灸治療ならつらい慢性頭痛を改善し再発しにくい身体になります

鍼灸治療なら3ヶ月でつらい慢性頭痛が再発しにくい身体になります。
頭痛薬でしのいでいるあなたも、鍼灸治療により頭痛を改善し、3ヶ月で再発しにくい身体になります。頭痛薬を手放せる日が来ます。

一言で頭痛と言っても様々です

慢性の頭痛の場合、片頭痛と緊張型頭痛の両方がある混合型頭痛と呼ばれる頭痛であることが多いです。

頭痛薬(片頭痛の薬・トリプタン系)が効いたり効かなかったりするのは、片頭痛と緊張型頭痛の両方が混ざっているためです。

緊張型頭痛の痛みが起きているときに、片頭痛の薬を飲んでも効果がありません。

また、それぞれの痛みが和らぐ方法と悪化する方法が逆であるため、対処が難しく自分でもどうしていいかわからなくなってしまう人も多いです。

鍼灸治療は、混合型頭痛にも効果があります

片頭痛と緊張型頭痛がある混合型頭痛とは、片頭痛持ちのあなたに、タイトな仕事や緊張感の持続により、新たに緊張型頭痛が加わったものです。

なんらかの原因で痛みに敏感になって起こる片頭痛や、生理周期と関連して起こる月経時片頭痛などの片頭痛発作が、長年に渡り繰り返されますと、脳が痛みに対して敏感になります。

この状態で、仕事や人間関係などの精神的なストレス、気温や気圧の変化など身体的なストレスが持続しますと、普通の人より交感神経の興奮が激しくなり、緊張型頭痛を簡単に引き起こします。
このようにして、混合型頭痛が生じます。

片頭痛発作が起きているときにマッサージなどをすると悪化します

片頭痛発作が起きているときに、散歩や軽い運動、マッサージなどをすると、それが刺激となって痛みが悪化します。

逆に、交感神経が興奮して起こる緊張型頭痛では、散歩や軽い運動、マッサージなどでリラックスをすると交感神経の興奮が抑えられ、頭痛が軽減します。

このように、混合型頭痛の場合は、どちらの症状が起きているのかを把握して、対処することが大切となります。

鍼灸治療では緊張型頭痛の頻度を減らし、片頭痛も起きにくくすることが可能です

鍼灸治療では、片頭痛の原因である脳の痛み過敏を改善すると同時に、緊張型頭痛の原因である交感神経の興奮を抑え、緊張型頭痛の頻度を減らしていくことができます。

これは、脳の血流量を増加させ、脳に酸素や栄養分を行き渡りやすくすることにより、痛みを抑えるホルモン物質(セロトニンなど)の分泌を促し、痛みを抑えていくからです。

また、脳の血流量が増えることにより、脳の神経伝達物質が活性化され、女性ホルモンなどの分泌が正常になっていきます。
ホルモンバランスが調うと、あなたの生理に関する不調も改善され、月経時片頭痛も起こりにくくなっていきます。

鍼灸治療を継続していくと痛みに過敏な状態が徐々に和らぐ

鍼灸治療を継続していくことで、鎮痛作用が持続しやすくなり、痛みに過敏な状態が徐々に和らいでいきます。

あなたの身体には、下行性疼痛抑制系という、自動で痛みを抑制する働きが備わっています。

鍼灸治療は、この仕組みを利用して、痛みを和らげます。

頭痛持ちではない人に頭痛が起きた場合、身体は頭痛を感じると同時に、下行性疼痛抑制系が作用し、ノルアドレナリンやセロトニンなどの痛みを止める物質の分泌が促されるため、頭痛が起きてもすぐに痛みが消失します。

混合型頭痛や片頭痛の人は、この下行性疼痛抑制系の働きが弱くなっていることがわかっています。
鍼灸治療はこの働きを活性化できることが分かってきています。

そのため、鍼灸治療を継続することにより、下行性疼痛抑制系が徐々に正常に働くようになるので、片頭痛発作の回数が減り、痛みの程度が軽くなり、最終的には、片頭痛発作が起きなくなります。

また、鍼灸治療には交感神経の過緊張を緩める作用があります。
手や足のツボへの鍼刺激は、脊髄を通り脳の情動を司るところに伝わります。

鍼刺激が脳に伝わることにより、脳からオキシトシン、セロトニンなどの幸福感や安心感、前向き感を作り出すホルモンが分泌されます。
その結果、脳がリラックスすることができ、交感神経の過緊張を緩め、痛みに対する敏感さも徐々に和らいでいきます。

それだけでなく、前向き感を作り出すホルモンが分泌されることにより、仕事に対するモチベーションも上がっていきます。

私自身、片頭痛持ちでしたが、片頭痛と気付くまでに時間がかかりました

こんにちは、鍼灸院 一花 院長の大越奈緒です。

私自身、片頭痛持ちでしたが、片頭痛と気付かずに長く生活をしていました。

休みの土曜日の朝に目が覚めると、軽い吐き気のような気分の悪さと、頭の右側が重く痛いようななんともいえない感じが、ほぼ毎回ありました。

目を開け、動くと悪化するため、布団から出ることなく一日を過ごし、翌日の日曜日も同じような症状が起こり、日曜日の夕方から夜に、ようやく動けるようになるという感じでした。

休日に予定があるときは頑張って起きることができましたが、常に頭がぼーっとした感じですっきりすることはありませんでした。
仕事のある平日には、症状が軽減されていたため、平日の疲れがでているのか、自分が怠けているために、お休みの日に起きられないのだと思っていました。

また、症状の程度の差はありましたが、就職してから体調不良が続き、すっきりしない休日を過ごしており、仕事中に体調が悪くなるのはダメと思っていたことから、次第にそのような症状があっても、その状態が普通の状態だと思い込むようになっていました。

もしかしたら片頭痛かもしれないと思うこともありましたが、病院に行く時間がありませんでした。
そして、休日の症状も悪化し、平日にも症状が顕著になってきたことから、鍼灸治療でどうにかならないかと思い、いろんな鍼灸院に治療を受けに行きました。

しかし、なかなか効果を感じることもできず、説明にも納得がいかず、途方に暮れていた頃、元同僚から鍼灸院 天空の話を聞き、代表 夘野先生の治療を受けに行きました。
施術前に身体の状態をいろいろと聞いてくださり、なぜその症状が起きているのかを分かりやすく説明して頂いたのですが、それがとても納得のできるものでした。

また、施術中から治療の効果を感じることができました。
治療を重ねるごとに症状が改善するのを体感し、鍼灸はやはり「効くんだ」と改めて実感できました。

自分と同じような症状や状況で悩んでいる人を良くしていきたい、もっと知識と技術を上げていきたい、と思っていたところ、鍼灸院 天空へ就職することになりました。

そして代表 夘野先生にご指導頂き、慢性的な頭痛の代表である混合型頭痛も改善できるようになってきました。
混合型頭痛や片頭痛に悩み、仕事やプライベートが思うに任せないあなたにこそ、ぜひ、私の鍼灸治療を受けて頂きたいです。

あなたの頭痛を改善する鍼灸治療

鍼灸治療には、頭痛持ちのあなたが症状から解放されるだけでなく、日常生活を楽しみ、仕事に対するモチベーションアップが持てるようにするという特徴があります。

頭痛への鍼灸治療は首肩への治療だけでなく、手足のツボにも鍼を刺します。

首肩の鍼治療は、頭の緊張感や神経の興奮を直接的抑えることが分かっています。

手足のツボへの鍼刺激は脊髄を通り、脳の視床下部・扁桃体に伝わります。
そこから前向き感、痛みを改善する物質が分泌されることが分かってきています。

また、扁桃体の情動を司るところにも作用し、痛みストレスを軽減させ、精神的にも安定することが、様々な臨床試験から明らかにされています。

このように、頭痛を感じる場所と、頭痛を生じさせている根本原因にアプローチし、また、あなたの情動にも関与することにより、頭痛の改善だけでなく、モチベーションアップもできる、そのような鍼灸治療を行っています。

治療効果を上げるには、落ち着いた環境が必要なのは言うまでもありません。
そのため治療室を個室にしており、ほかの患者さんへ気遣いすることなく、リラックスして鍼灸治療を受けて頂くことができます。
担当制を取ることにより、あなたの身体の状態を詳しく理解できますので、天候や強いストレスを感じ、体調が著しく変化した際に、柔軟に対応できます。

また、頭痛に関することだけでなく、それ以外の症状が生じたときに、その症状改善をすることもできます。
鍼灸院 一花では、鍼灸師歴34年と16年の鍼灸師があなたの頭痛改善を担当します。
全日本鍼灸学会の会員でもあり、常にあなたの頭痛をどうすれば早く改善できるか研鑚しています。
代表は学会の認定鍼灸師でもあり、学会より知識・技術があることを認定されています。

頭痛でお悩みでしたら、一度ご相談ください。

施術費
初回 (カウンセリング料)3,000円+(施術費)6,000円
2回目以降 6,000円
オプション
美容鍼灸 4,000円
担当 代表夘野による施術 4,000円
130

※インターネットを見て予約をしたと仰っていただいたら、初回カウンセリング料3,000円→0円

ご予約・お問い合わせ

ご予約は、お電話またはメールフォームにて承ります。ご予約は、お電話または
メールフォームにて承ります

お問い合わせ:03-6228-71111 お問い合わせ:03-6228-71111

【受付時間】平日11:00~19:30
   土・日・祝10:00~17:30
【定休日】水曜日


WEB予約 ご予約・お問い合わせ LINE

ページの先頭へ