03-6228-7111
  • HOME
  • 当院について
  • 施術メニュー
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 地図・アクセス
  • ご予約・お問い合わせ

自律神経失調症

身体の不調が他人に理解されず、自律神経失調症で悩んでいるあなたへ 鍼灸治療なら不調を改善するだけでなく、症状の出にくい身体にすることが可能です

繰り返されるストレス、激しい痛みなどにより、身体の過緊張状態が続くと、神経も緊張し、働きが乱れます。

その状態が持続されることにより身体の緊張と神経の緊張が、お互いに影響を与え合う負のスパイラルが起こり、身体やこころに様々な症状となって現れてきます。

鍼灸治療では、負のスパイラルを断ち切り、神経のバランスを整え、症状を改善する事が可能です。

自律神経失調症の症状は人によって様々です

自律神経失調症の症状は、身体に現れる場合やこころに現れる場合、身体とこころに現れる場合とさまざまです。

その現れ方も人によって違いますが、多く見られる症状としては、慢性的な疲労、身体のだるさ、手足のしびれ、めまい、動悸、ほてり、微熱、不眠、便秘や下痢、イライラ、不安感、落ち込み、やる気が出ない、憂鬱になる、感情の起伏が激しくなる、などがあります。

さらにひどくなってくると、目の焦点が合わない、まぶしく感じる、耳鳴りがする、ふわふわと宙に浮いた感じで気分が悪い、食事の味がしない、美味しくない、胃の痛みなどの症状が現れてきます。

しかし、病院で検査をしても異常なしと言われる事が多いため、周りから、気にしすぎ・大げさ・怠けているなどと、思われて辛い思いをしている人も多くいます。

自律神経はあなたの意志で調整することが難しいものなので、治すのにも自分ではどうしたら良いのか、わからない病気でもあります。

何故そのような症状が起きるのでしょうか?

働きすぎ、悩み過ぎなど持続される強いストレスにより興奮するのは、自律神経の一つである交感神経です。

交感神経の一方的な過緊張が続き、引き起こされる症状には、次のようなものがあります。

  1. 顆粒球・活性酸素の増加による組織破壊
  2. 血流障害
  3. リンパ球の減少
  4. 排泄・分泌能力の低下

この交感神経過緊張状態が続きますと、バランスを取るために副交感神経も活動を活発化させます。

副交感神経の過緊張により、以下のような症状が引き起こされます。

  1. リンパ球の増加によるアレルギー疾患の発症
  2. 血管拡張によるうっ血
  3. 排泄・分泌能カの亢進
  4. 痛み物質の作用で知覚が過敏になる
  5. リラックス過剰による気力・体力の滅退、過食による肥満

この状態が続きますと、次々と症状が出現する負のスパイラルが起こり、身体やこころに様々な症状が悪化し、治りにくくなっていきます。

自律神経失調症の正体は?

繰り返されるストレスや、持続する緊張感があると、交感神経が緊張します。

また、急激な激しい痛みを経験した場合もそれが恐怖となり、交感神経が緊張します。

この時のことをあなたは映像として記憶しており、その状況がなくなっても、また同じ事が起きたらどうしようとマイナスのことを想像して不安になります。

そして、交感神経が緊張する事により、動悸や息切れ、ひどくなると過呼吸発作などが生じ、マイナスのイメージが身体の筋肉にまで影響を及ぼし、肩こり・腰痛、肩から腰にかけてこわばるなどの症状が現れます。
さらに、歩いている時に、つまづきやすくなるなどの症状も現れてきます。

不安感や恐怖感が常にあることにより、脳の緊張が続きます。
この脳の緊張状態が交感神経の過緊張状態を持続させ、自律神経失調症を作りだします。

交感神経の過緊張状態が続くと、生命維持のために副交感神経も活性化します。

交感神経が緊張し、心拍や呼吸数が上がった状態が続くと、身体は負担になるため、その逆の作用のある副交感神経も活性化し、心拍や呼吸数を下げようとする、ということです。

そして、緊張しているのに眠たいなど、交感神経と副交感神経の両方が活性化された症状が出てきます。

例えば、特に重要な会議でプレゼンをする場面が続き、常に緊張状態を強いられる生活が続いた場合、会議の間は極度の緊張感で交感神経が過緊張になり、動悸や手足の震え、口が渇く、からだがこわばる等の症状がでやすくなります。

そして、会議が終わるとホッとして副交感神経が活性化し、眠気が出たり、悲しくないのに涙が出る、発汗するなどの症状がでてきます。

どちらも緊張している状態ですので、交感神経と副交感神経が目まぐるしく入れ替わり、お互いに存在感を主張するようになってしまいます。

こうなると、緊張しているのに眠たくなったりと、重度の自律神経失調症に移行していき、睡眠障害が発生して、眠らなければいけないと思っているのに眠れなくなり、このまま眠れなかったらどうしようと不安感が強くなり、負のスパイラルに入ってしまいます。

このように、自律神経失調症とは、交感神経、副交感神経のどちらもが興奮し、その働きを乱した状態と言えます。

また、お互いに影響を与え合いますので、下痢と便秘を繰り返す、発汗と身震いを繰り返すなど、逆の症状が出現し、それにより、さらに症状がひどくなるという悪循環が生じた状態ともいえます。

自律神経失調症が女性に多いのは?

自律神経失調症は、女性に多く起こる傾向にあります。

これは、自律神経のフィートバック機構である「視床下部-下垂体-副腎系」と女性の生理周期のフィートバック機構である「視床下部-下垂体-卵巣系」の司令塔が同じ視床下部にあり、近くにありお互いに影響するとされているからです。

例えば、あなたがストレスから交感神経過緊張になりますと自律神経だけでなく、生理周期やホルモンバランスが崩れます。

持続された強いストレスで、生理が遅れることを経験したこともあるかと思います。

逆に、何らかの原因で生理不順・生理痛などが酷くなりますと、自律神経に影響を与え、食欲不振、胃もたれ、動悸・息切れなどが生じます。

そして、自律神経の乱れと生理周期・ホルモンバランスの乱れが、お互いに影響し合い、負のスパイラルを作り出し、本格的な自律神経失調症へと進行していきます。

このようなことから、女性のほうが自律神経になりやすいといえます。

鍼灸治療は、負のスパイラルを断ち切り、自律神経失調症を改善することができます。

自律神経失調症は、臓器の不調はあるけれど、機能性の不調であり、臓器自体が傷ついた疾患ではないため、薬物治療はあまり効果がありません。

例えば、胃の痛みがあるけれども、胃そのものに、何か炎症が起きているわけではないため、検査でも異常なしと言われ、薬も効かないなどです。

身体の緊張を取り、負のスパイラルを断ち切る

自律神経失調症の改善のポイントは、負のスパイラルをいかに断ち切るかにあります。どこで断ち切っても効果は同じです。

自律神経失調症への鍼灸治療では、まず、あなたの身体の症状に対してアプローチをかけていきます。

あなたに肩こり・腰痛などがあれば、それらを改善するだけでも、他の自律神経失調症の症状改善に役立ちます。

また、お腹、腰などに鍼灸治療をしますと、子宮・卵巣への血流量が増えることが分かっています。
これにより生理周期の安定化、ホルモンバランスの正常化に繋がり、同時に自律神経失調症の改善も期待できます。

ただ、これだけでは自律神経失調症の根本改善に繋がりませんので、手足のツボに鍼灸治療をおこないます。

鍼灸治療には、身体の体性自律神経反射という反応を使い、脳に働きかけ、自律神経のバランスを整える作用があります。

脳に働きかけ、ストレス耐性を上げ根本改善をする

人の身体は、身体の表面に刺激を加えますと、感覚や感情が起こり、同時に、反射反応が起きるようになっています。

鍼灸刺激も刺激の一つですので、鍼灸治療を受けることにより、反射反応が起きます。

あなたの身体には鍼灸刺激に特異的に反応する受け皿としての受容体という物が存在しています。

この受容体からの情報が脊髄を通り脳に伝わります。
伝わる場所は脳の生命と関係する脳幹や、自律神経や生理周期と関係する視床下部、扁桃体などを含む大脳辺縁系です。

鍼刺激を受けた脳幹からは、ドーパミン、GABAなどの分泌がされ、衝動・欲望が抑制され、落ち着きがでるようになるとされています。

また、大脳辺縁系からあなたのストレスを緩和するセロトニン、やる気を出すノルアドレナリン、痛みを止めるβ―エンドルフィンなどの物質が放出されることが分かっています。

鍼灸治療により、これらの物質が放出され、生理周期の安定化・ホルモンバランスを整える、内蔵機能の改善、不安感、抑鬱感などの情動の改善ができます。

はり師、きゅう師、あんま・指圧・マッサージ師のための「痛み学習テキスト」にも、これらのことが説明されています。

脳血流量を増やし、自律神経のバランスを整える

また、鍼灸治療は脳血流量を増やすことが知られています。脳血流量が増えることにより、自律神経に酸素を与えることで緊張感を緩めることができます。

この作用により、興奮している自律神経自体と生理周期に働きかけ、その興奮を抑え、働きを正常化でき、自律神経失調症の根本改善が期待できます。

このように鍼灸治療は、あなたの複雑な症状を同時に解決できる施術方法です。

鍼灸治療は、あなたの自律神経失調症を作り出している負のスパイラルを色々な角度から断ち切ることができ、自律神経のバランスを調えることができます。

脳と身体の過緊張を同時に緩めることができる鍼灸治療は、自律神経失調症の治療に適した治療法と言えます。

それだけでなく、鍼灸治療を続けることにより、脳機能の活性化や自律神経の活性化、生理周期の安定化・ホルモンバランスを整えることが期待でき、あなたのストレス耐性を上げることができるということが分かってきています。

全日本鍼灸学会のホームページの「ここまでわかった鍼灸医学‐基礎と臨床との交流」解説にも、これらのことの記載があります。

鍼灸治療により、あなたは今までストレスに感じていたことに対して、平気になれるということになります。

治療効果を上げるには、落ち着いた環境が必要なのは言うまでもありません。

そのため治療室を個室にしており、ほかの患者さんへ気遣いすることなく、リラックスして鍼灸治療を受けて頂くことができます。

担当制を取ることにより、あなたの身体の状態を詳しく理解できますので、天候や強いストレスを感じ、体調が著しく変化した際に、柔軟に対応できます。

また、自律神経失調症に関することだけでなく、それ以外の症状が生じたときに、その症状改善をすることもできます。

鍼灸院 一花では、鍼灸師歴34年と16年の鍼灸師があなたの自律神経失調症改善を担当します。
全日本鍼灸学会の会員でもあり、常にあなたの自律神経失調症をどうすれば早く改善できるか研鑚しています。
代表は学会の認定鍼灸師でもあり、学会より知識・技術があることを認定されています。

身体やこころの様々な症状、自律神経失調症などでお悩みでしたら、一度ご相談ください。

施術費
初回 (カウンセリング料)3,000円+(施術費)6,000円
2回目以降 6,000円
オプション
美容鍼灸 4,000円
担当 代表夘野による施術 4,000円
130

※インターネットを見て予約をしたと仰っていただいたら、初回カウンセリング料3,000円→0円

ご予約・お問い合わせ

ご予約は、お電話またはメールフォームにて承ります。ご予約は、お電話または
メールフォームにて承ります

お問い合わせ:03-6228-71111 お問い合わせ:03-6228-71111

受付時間:
平日11:00~20:30(19:30最終受付)
土日祝10:00~18:30(17:30最終受付)
定休日:水曜日 木曜日


WEB予約 ご予約・お問い合わせ LINE

ページの先頭へ