• HOME
  • 当院について
  • 施術メニュー
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 地図・アクセス
  • ご予約・お問い合わせ

鍼灸院 一花の思い

症状の改善だけでなく、豊かになって欲しい

鍼灸治療を通して、あなたと笑って一緒に喜びたい。

病気は治ったけれど、その治療中に周りに迷惑をかけたと、自己否定的な考えを持つ方は、よくあります。

病気は治ったが、何となく、気分がふさぐという方もみかけます。これでは意味がないと、鍼灸院 一花では考えています。病気が治ったのだから、もっと、元気に、前向きに、生きて頂きたいと願っています。

また、病気と上手に付き合いながら、人生を楽しんでいただきたいとも、考えています。

一花では、あなたと一緒になって、病気を改善し、その結果、社会的、経済的、心理的にも豊かになってもらい、一緒に喜びたいと願いながら、鍼灸治療をしております。

症状を取り除いたから「完治」ではない

鍼灸だけでなく、医療は、第一に病気を治すことが主な目的です。病気になりますと、それを完全になくしたいという気持ちが強く出てきます。

この「完治」に対する解釈が、近年、大きく変化してきています。例えば、風邪は治りますが、糖尿病になりますと完全に治ることはありません。

糖尿病の場合は、それとどうつきあっていくかが、問題になります。日常生活において、その「質」をどう高めるかということが大切になってきます。

生活の質(Q.O.L)に焦点を当て、「完治」をどう捉えるかという考え方が、最近の病気治療のテーマになってきています。

あなたが病気になった際に、症状が完全になくなった場合と、残っている場合を比べ、生活の質が高くなる方法を選択しませんかという考え方です。

病気そのものより、あなたの生き方や考え方などに焦点を当てています。

病気と上手につきあっていきませんか。

生活の質を高めることに焦点を当てる考え方は、近年、糖尿病、高血圧などの生活習慣病、アレルギーの病気、リウマチ、認知症など、簡単に治らない病気が増えてきたことにあります。

症状は完全に消えなくても、日常生活を不自由なく行え、明るく、楽しく、生活しながら、病気と上手につきあいましょうという考えです。

鍼灸院 一花では、この考え方を更に深めています。

治る病気の場合でも、治すだけでなく、元気に、前向きに生きていけるようになる、そのお手伝いをすることをコンセプトにしています。

治りにくい病気の場合は、少しでも症状を取り除き、生きがいを感じ、前向きに生きていけるようになることを目指しています。

この考え方は、鍼灸治療が持つ特徴を最大限に引き出そうというものです。

鍼灸治療で病気が治る理由の一つに、脳の「快楽中枢」に作用するという説があります。
鍼灸をすることで、やる気モード、前向きモードになり、病気が治っていくということです。

人にある自然治癒力は、組み合わせ次第で、さまざまなパターンがあります。鍼灸治療には、この自然治癒力の中で、今のあなたにとって一番、効率の良い方法を選択し、その力を最大限に引き出す作用があります。

からだに負担がかからない最善の治癒力を引き出そうということです。そして、その際に、前向き、やる気モードになるホルモンが放出されます。この結果、病気が治るだけでなく、生きがいを感じることができるようになります。

そして、あなたの身体の不調が改善するだけでなく、プライベートや仕事を前向きになって取り組めるようになるお手伝いができれば、そんな想いで日々、鍼灸治療と向き合っています。

鍼灸院 一花が考える最善の施術

こんな悩みを持つあなたに聞いて頂きたい身体の話

  • 病院でも原因不明と言われ、本当によくなるのか不安
  • マッサージや整体に言っても不調が改善しない
  • 自律神経が乱れ、身体の不調が酷くなっていっている
  • できれば、抗うつ剤、睡眠薬、頭痛薬などは止めたい
  • 朝起きても辛く会社に行くのが嫌になるが、無理をして行っている
  • 全身に原因不明の痛みがあり、生きていくのが辛い
  • ハリを受けたことがあるが、思ったほど効果が出なかった

一花では、「治療法」よりも「今のあなたの状態」に拘ります

鍼灸院 一花には、「この治療法が売り」という治療法はありません。

「○○治療法は××だ」というのは、分り易いです。ただ、西洋医学での薬での治療と同じようなものです。
関数的な治療法で、ある事柄を入れると、一定の答えが出るといった考えです。

一花では、この立場をとりません。

なぜなら、「患者さまの今の状態」は病気の状態です。健康な時でも、天候やストレスによりからだは日々、変化します。まして、病気の状態となりますと、健康な人よりも大きく変化、展開していきます。

したがって、その時のからだの状態に応じた治療が、大切だと信じています。

たとえば、同じ患者さまでも、鍼を刺す深さが、数ミリのこともあれば、5センチを超えることもあります。これは、その時に、どこに病の基があるかによります。

鍼の長さも、15ミリ~60ミリまで用意しています。太さも、0.12ミリ~0.25ミリまで用意しております。これらの鍼を、あなたの状態によって、使い分けていきます。

この考え方は、鍼灸のバイブルである、「黃帝内経素門・霊枢」に繰り返し記載されています。鍼灸本来の考え方による施術法と言えます。

あなたのその日の、その時の状態により、用いるべき鍼やお灸を選択し、どのツボに施術をすると最も効果が出るかを考えツボの選択をし、どのような刺激にするかを決めます。

「一元化」という考え方

一人で歩いて来院できる状態での病気は、さまざまな症状があっても、そのほとんどが「一元化」して、説明できるという考え方が、科学的根拠として医療を捉えるようになり、広まってきています。「オッカムの剃刀」という格言にもなっています。

ただ、高齢者の場合は、同じようにいかず、複数の病気を持っていることが多いです。これは「ヒッカムの格言」として有名です。

一花は、働く女性に生き生きとして生活してもらいたいというコンセプトですので、「オッカムの剃刀」の格言に基づきあなたの状態を紐解くようにしていきます。

そして、一元化して説明できれば、鍼灸治療の方針も明確に立ち、良い効果も得られます。

病気の「一元化」とは、複数の病気も、突き詰めれば、1つの病気からのものであり、さまざまな症状も、その病気から派生したものと、説明できることです。

例えば、過敏性腸症候群と片頭痛の両方の症状を持っていたとします。一見、全く異なった症状ですが、実は、一元化して説明できます。

片頭痛の原因は、多くありますが、一つにセロトニン説があります。
脳内で何らかの原因によりセロトニンの分泌が急激に増え、その後、急激に血管内に吸収され、腸を通過し、尿となって体外に放出されます。

脳内の血管に吸収され、脳からセロトニンが出ていきますと、血管が炎症を引き起こし、この炎症刺激が三叉神経から、脳の感覚野に伝わり痛みを感じるのが片頭痛です。

また、腸内でセロトニンが増えることにより、腸の蠕動運動が激しくなり下痢を引き起こします。

このような見方をしますと、「セロトニン分泌異常」をキーワードにして、片頭痛と過敏性腸症候群が繋がります。

すなわち、セロトニン分泌異常を改善することにより、過敏性腸症候群と片頭痛が同時に解決することになります。

これが「一元化」という考え方です。

どのような症状をお持ちの方でも、一元化で説明します。症状を一元化した判断と、その時の状態に最も効果のある施術方法を選択することは、さまざまな症状を、「一元化」して、鍼灸治療をすることに繋がります。

鍼灸では、あるツボに鍼を刺すことにより、痛みを取り除くだけでなく、胃のむかつきをなども解消することができます。

痛みは○○のツボ、胃のむかつきには××のツボ、とする必要がないので、数少ない鍼での治療が可能になり、あなたの負担も少なくなります。

鍼灸治療の基本となる理論である「陰陽論」は、2つの物質がペアとなっており、それらの間の関係は相対的、常に動きながら平衡を保っているという理論です。

これは、西洋医学における免疫学と同じ考え方であり、あなたの身体にある自律神経の作用とも同じです。

鍼灸治療は、Aという治療をすれば、Bという結果が出るというもではなく、病気の原因を作っている2つの物質間のバランスの崩れを戻すことにより、病気が治るようにしていく施術方法です。

3,000年前に作られたとされる「黃帝内経素門・霊枢」という教科書には、選択したツボに対して、ごく軽い刺激を与えたり、少し強い刺激を与えたりと施術時に使い分けなさいとあります。

この方法により、交感神経、副交感神経どちらにも同時にアプローチでき、一元化して鍼灸治療ができるわけです。

また、脳の「快楽中枢」にも働きかけることができ、症状改善と同時に、精神の安定や、やる気モード、明るい未来を想像できるようになっていきます。

そのために、病気を作り出している根本原因から治すことができます。また、その時の状態に応じて、施術の方法を変える必要があるのも、ここにその理由があります。

鍼灸院 一花が、病気を一元化して判断し、その日、その時の状態に応じた鍼灸治療法を選択し、一元化した施術をすることにこだわるのは、まさにここにあります。

このように、鍼灸治療には、あなたを病気から解放するだけでなく、生きがいを感じ、前向きになっていくお手伝いをする力があります。

鍼灸院 一花では、この鍼灸本来の力をより引き出すことにより、あなたが病から解き放たれるだけでなく、豊かになってもらうことを目指し施術をおこなっています。

徹底したカウンセリングであなたの不調を突き止めます

病気の歴史に秘められた大切な情報

あなたの病気の成り立ちから現在までを知ることは大切です。近年のエビデンス(科学的根拠)に基づく医療におきまして、診断に患者さまの病気の「歴史」は、根拠のあるものとしています。

病気の診断は、あなたの病気の成り立ちから現在までのお話し(病歴)で、85%が診断つくとされています。残り10%は、筋肉や神経の状態を診るからだの検査で、診断できます。レントゲン検査などの画像検査が、診断の決め手となるのは、5%程度とされています。

このように、あなたからの情報は、大切なものです。当院では、あなたのお話をしっかりとおうかがいします。分かりやすいので、「カウンセリング」としていますが、「面接」、「インタビュー」という感じです。
こちらから、あれこれと質問するのではなく、あなたに、ご自身の言葉で語って頂きたいと考えています。

病気になった時の気持ち、現在までの病気の変化、それに対する気持ち、そして、未来はどうなりたいか、どのような思いで過ごしたいかなど、詳しくお話し下さい。

患者さまをより知ることで症状改善に努める

現在の病気の状態を把握することは、大切なことですが、それだけでは、不十分です。

例えば、自律神経失調症を考えてみましょう。働く女性で、さまざまな症状があり、内科、婦人科などで検査をしたが、異常なしとあれば、ほぼ、自律神経失調症と判断がつきます。

自律神経失調症の症状にだけ焦点を当て、鍼灸治療を進めても効果は出ますが、背景に職場でのトラブル、相手先企業への気遣いなどの強い持続されたストレスがありますと、それだけでは改善が期待できません。

ただ単に、自律神経失調症の症状を取り除くだけでなく、強い持続されたストレスへの感情の変化にも、対応する施術が必要になってきます。

鍼灸治療により、強い持続されたストレスに対して感情が大きく変化しない、動じないように持っていけば、自律神経失調症の症状が、自然に消えるということもあります。

このように、からだの状態だけでなく、患者さまの背景や環境、患者さまご自身の思い、感情などを知ることは大切なことです。これは、こちらから質問するより、あなたに語って頂くのが、一番、正確です。

このことから、一花では、あなたに自由に話して頂き、しっかりと聴くことに努めています。もちろん、「話したくない」ということあると思います。その際は、無理にお話になる必要はありません。

自然な気持ちで話をするということが、大切だからです。「話したくない」内容も、「話したくなった」時に、お話いただければ十分です。
また、鍼灸治療による結果の望みは、人それぞれ異なります。鍼治療を受け、将来、どうなることを望んでいるかなども、お聞かせ願えればと思っています。

例えば、急な片頭痛発作が起きた場合、完全に症状が取れれば、当然、それに越したことがありません。

しかし、この後、大切な仕事があり、ゆっくり治療を受ける時間がないので、取り敢えず、その仕事だけでも済ますことができるようにして欲しいという場合もあります。

この場合は、片頭痛を治すことも大切ですが、それより、大切な仕事に間に合わせることがより重要になります。

一花では、このような感じで、お話をおうかがいします。病気の原因や状態の確認に、必要なことが抜けていると判断した場合には、追加でこちらから質問させて頂きますので、ご安心ください。

無理してお話をお聞きすることはありません

詳しくお聴きした内容から、からだの検査が必要かどうかを判断します。判断をさらに確かなものにするために、検査が必要な時だけ、検査をします。不要、不急の検査をすることはありません。患者さまにご負担をできるだけかけないという考えによります。

一花のような鍼灸院で、患者さまがご自身で歩いて来られるという条件であれば、ここまでで、ほぼ病気の原因は判断できます。施術方針も立てることができます。

この結果は、あなたに分かりやすくご説明いたします。その際に、質問や相談なども、お受けいたします。

当然のことながら、「守秘義務」はありますので、あなたのお話を、ほかに漏らすことはありませんので、安心してお話して頂ければと思います。

施術はあなたを担当した鍼灸師が行います

鍼灸治療は人が人を治す医療である

医療はすべからくそうですが、鍼灸治療は、ほかの医療にまして、「人対人」の世界といえます。誰に治療してもらうかは、大きな問題と考えています。

一花の代表は鍼灸臨床の世界に身を置き34年になります。院長も16年になります。

私たちは、この間に得た鍼灸治療技術、診断能力だけでなく、これから得る能力を100%、患者さまに還元することに喜びを感じています。

このような考えから鍼灸院 一花では、お一人お一人の患者さまに、責任を持って鍼灸治療をするべく、担当制になっております。

私たちは、あなたの状態を共有していますのでご安心下さい。

代表が持つ経験・技術を受け継ぐこと

鍼灸院 一花の代表である夘野は2013年に大阪 心斎橋に鍼灸院 天空を開設しています。

これは、鍼灸の良さを広く社会に知ってもらいたい、本物の鍼灸治療ができる鍼灸師を育てたいという思いによるものです。

できる鍼灸師を育てるにはセミナー形式では無理で、院内でじっくりと育成する必要があります。
その思いを基に東京 京橋に、新たに鍼灸院 一花を開設しました。

これを広げていき、本物の鍼灸ができる鍼灸師を数多く育てたいと、思っております。それにより、より多くの病に苦しみ、悩み、困っている方々のお役に立てるようなることを、心から願ってやみません。


ご相談の多い症状

頭痛
詳しくはこちら

慢性の頭痛の場合、片頭痛と緊張型頭痛の両方がある混合型頭痛と呼ばれる頭痛であることが多いです。
頭痛薬(片頭痛の薬・トリプタン系)が効いたり効かなかったりするのは、片頭痛と緊張型頭痛の両方が混ざっているためです。

月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)
詳しくはこちら

あなたは生理前に肌が荒れたり、頭痛や身体のだるさでつらい、ひどく気分が落ち込む、イライラしたり、情緒不安定になり感情のコントロールができず、周りとうまくやっていけない、などの症状に困っていませんか?

自律神経失調症
詳しくはこちら

自律神経失調症の症状は、身体に現れる場合やこころに現れる場合、身体とこころに現れる場合とさまざまです。

線維筋痛症
詳しくはこちら

あなたには、原因不明の長引く全身の痛みや、服を着るときに皮膚が痛い、お風呂に入ると痛みが起こるなどがありませんか?
その痛みは線維筋痛症によるものかもしれません。
線維筋痛症の主な症状は、原因不明の全身の痛みです。

過敏性腸症候群(IBS)
詳しくはこちら

あなたは、お腹の痛みや、お腹の張った感じ、膨満感、下痢や便秘、ガスがよくでるなどがありませんか?
そのような症状があれば、もしかしたら、過敏性腸症候群(IBS)かもしれません。

不眠症
詳しくはこちら

睡眠には大きく3つの物質が関わっています。鍼灸治療でこの3つの物質の分泌を正常にする事で不眠が解消されていきます。

不妊症
詳しくはこちら

あなたはもう少しで妊娠できます。
生理不順・生理痛、冷え、肩こり・腰痛、頭痛など、ほんの少しの症状が、あなたを妊娠から遠ざけています。

うつ病

うつ病は誰にでもなる可能性のある病気です。あなたの性格や考え方などは関係ありません。
持続される強いストレスに対応できるかどうかが、ポイントになります。

アトピー性皮膚炎

肌は細菌やウイルスからあなたを守るだけでなく、天候や人間関係などの外部環境からもあなたを守っています。
強い持続されたストレスがあなたの肌に影響を及ぼし、アトピー性皮膚炎を引き起こします。

美肌

美肌を作るには、女性ホルモンのバランスが欠かせません。
女性ホルモンのエストロゲンが増えすぎて、皮脂が増え、アクネ菌が増え、肌荒れになっていきます。

店舗概要

院名
鍼灸院 一花
設立
2018年8月
治療内容
鍼灸治療/美容鍼/不妊鍼灸
住所
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目12-9 寺沢ビル9階
電話番号
03-6228-7111
FAX
03-6228-7111
運営業者
ポラリス株式会社
法人代表
夘野 裕樹
院長
大越 奈緒
サイト運営
統括責任者
大越 奈緒
e-mail
URL
https://www.shinkyu-ichika.jp/

メディア掲載

雑誌

画像をクリックすると画像を拡大してご覧になれます。再度クリックすると戻ります。

DVD

画像をクリックすると画像を拡大してご覧になれます。再度クリックすると戻ります。

個人情報保護について

はじめに

当院は、個人情報を下記目的に利用し、その取り扱いには細心の注意を払っています。個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、当院窓口までお気軽にお申し出ください。

医療提供

  • 当院での鍼灸治療サービスの提供
  • 他の鍼灸院、病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者との連携
  • 他の医療機関からの照会への回答
  • 患者さんの治療のため、外部の医師などの意見・助言を求める場合
  • ご家族などへの病状説明
  • その他患者さんへの医療提供に関する利用

当院の管理運営業務

  • 会計・経理
  • 当該患者さまの鍼灸治療サービスの向上
  • その他、当院の管理運営業務に関する利用

その他

  • 鍼灸師賠償責任保険などに係る、鍼灸治療に関する専門の団体、保険会社などへの相談、または届出など
  • 当院内において行われる鍼灸治療実習への協力
  • 鍼灸治療の質の向上を目的とした当院内での症例研究
  • 外部監査機関への情報提供
  • 保健所など役所からの問い合わせ

付記

※1.上記のうち、他の医療機関などへの情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出ください。
※2.お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
※3.これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更などを行うことが可能です。


ご予約・お問い合わせ

ご予約は、お電話またはメールフォームにて承ります。ご予約は、お電話または
メールフォームにて承ります

お問い合わせ:03-6228-71111 お問い合わせ:03-6228-71111

受付時間:
平日11:00~20:30(19:30最終受付)
土日祝10:00~18:30(17:30最終受付)
定休日:水曜日


WEB予約 ご予約・お問い合わせ LINE

ページの先頭へ